北摂里山文化保存会
台場クヌギの森

里山班 緊急出動

シノダ隊長から「鹿柵に鹿が引っかかって死んでいる。柵が引き倒されている。」と連絡を受け、現場へ駆けつけました。

00078D3D-76A1-4255-BAF2-3A8639C01A59
1月に張った鹿柵が見事に倒され茫然自失のシノダ隊長。視線の先では子鹿が網に引っかかっています。
IMG_6972子鹿の死体ですが、生々しすぎて掲載できません。シノダ隊長の見立てでは3〜4歳のメスでした。死んだ後にカラス?などに突かれてます。可哀想ですがこれも自然です。
鹿柵は杭を打ち直し網を張り直して復旧させました。この中の植生が外とどう異なってくるのかを引き続き観察します。

鹿柵を直した後に、次回の保全活動に向けて、シノダ隊長とエドヒガンの周り状況を確認して回りました。

大きく立派なエドヒガンが何本もありますが、その周りにはグミやアベマキなどエドヒガンの生育には邪魔な木が何本もあるので、これを切ってしまうことにしました。

切る木と残す木を見分け、残す木には幹にテープを巻きました。

次回5月の保全活動日から切る木を少しずつ伐採していきます。

IMG_6981現場はこのように雑木がうようよと生えています。長年にわたって手入れがされていなかった様子です。
IMG_6982「この木は要りませんです。切ってしまいましょう」シノダ隊長はパッパッパと切る木と残す木を分けていきます。
IMG_6990左手前の木がエドヒガンです。保全活動した後にこの風景がどのように変わるのかが楽しみです。
IMG_6993クヌギの木に大きなウロがありました。クワガタムシがこの中で繁殖するそうです。ウロの中を覗き込むシノダ隊長の目は少年に戻っていました。

里山班の皆さん、5月から安全に気をつけて一本ずつ切っていきましょう。

台場クヌギの森

里山班は4月も雨にたたられて…

里山班は雨に祟られ続けています。3月の活動日は雨で順延→雨で中止。4月も雨で順延→今日も天気予報どおり朝からザーザー降りでした。一体誰が雨男?

でもお空に文句を言っても仕方がありません。山仕事の予定を変更して、黒川ベースでミーティングに切り替えました。

怪しい?おっさん3人組

まず、里山班のこれからの活動スケジュールを決めました。里山班は動き始めたばかりなので、これまではメンバーの都合に合わせて次の活動日を組んでいましたが、これからは毎月の活動日を固定してしっかりと活動していこうとなり、5月からは毎月第3日曜日の午前10時から午後3時を定例活動日とすることにしました。

次にどのような活動をしていくかを検討しました。土台は1月にワイワイとディスカッションして出し合った「整備プラン」です。

台場クヌギの森の「整備プラン」ですが、あくまで妄想てんこ盛りです。

「整備プラン」のどこから手をつけてやっていくか?…「まずはエドヒガンの周りをきれいにして、エドヒガンが大きく生育するようにしよう」ということで意見が一致しました。黒川は台場クヌギとエドヒガンが有名ですが、その両方が一緒に見られるというのが「台場クヌギの森」の特徴です。

台場クヌギとエドヒガンが並んで生育しています。これはなかなか他所ではありません。
エドヒガンが15本ほどありそうです。

信田隊長から「エドヒガンの種、つまりサクランボが5月の終わり頃に落ちる。それをジャムやお酒にできる」と教わりました。エドヒガンのジャムですかぁ、いいですねぇ。作っちゃいましょうか。チェリーパイもできるかな。妄想が広がります。

今日から保存会に新しいメンバーが参加してくれることになりました。中島さんです。これからもよろしくお願いします。

みんなの森のウッドデッキ

ウッドデッキ完成

去年の10月からツキイチ週末に作業を続けてきたウッドデッキが、とうとう完成しました!

今日は最後の作業、デッキの上に据え付けるテーブルを作りました。

坂井師匠の説明をしっかりと聞いて作業に入ります。
電動インパクトでネジをグリグリ。子供たちは興味シンシン。
完成を記念してみんなでポーズ!
(撮影の時だけマスクを外しています)

暖かくなったらデッキに集まって、石釜で焼いたピザを食べましょう。
それまでにコロナが収まったらいいね。

みんなの森のウッドデッキ

組み立て開始!

絶好の秋晴れとなった10月31日(土)、ウッドデッキの組み立て作業がいよいよ始まりました。
素人には難しい外枠の設置はプロの職人さんにお願いしましたが、そこに骨組みを組んでいく作業からみんなで取り掛かりました。

先日、みんなで加工した木材を一本ずつ組んでいきます。


ここで大事なことは、木材の組み合わせを間違えないようにすることです。
木材には一本ずつ記号をつけていて、設計図どおりの位置に組んでいかないと、小学生の頃に誰もが経験した(?)「プラモデルの部品が余った…」「五重塔がピサの斜塔になった…」なんてことになりかねません…

今日も実際に「これ、こことちゃうで」という声が聞こえてました(笑)
まあ、これもDIYの楽しいところですが。

ほぞ穴の幅が微妙に狭くて木材がうまくはまらない…
そんな時はノミでほぞ穴を広げて調整します。

少年たちもヘルメットをかぶって、束石をしっかりと地面に据えてくれました。
自分たちが作ったウッドデッキで里山を楽しんでくれれば嬉しいですね。

12月初旬のウッドデッキ完成に向けて作業は続きます。

みんなの森のウッドデッキ

まずは解体完了!

10月11日(日曜日)、前日までの台風も過ぎ去って、今日はとってもいい作業日和。
いよいよ里山広場づくりのスタートです。
およそ30人のおとーさん、おかーさん、ぼくちゃんにおじょうちゃんが黒川の里山に集まってくれました。
まずは老朽化した現ウッドデッキの解体作業です。
みんな、物をツブすのが大好きなようで、工具を手にウキウキと作業に励んでいます。

インパクトドライバーでビスを外していきますが、さすが十数年間も風雪に耐えてきたビスはちょっとやそっとでは外れず、みんな苦戦していました。

インパクトドライバーでは歯が立たないビスは、ヤットコで勝負。腰つきが素晴らしい!

頑張っている息子に目の奥が熱くなるオヤジです。

ママァ〜、お姉ちゃんよりもボクの方を構ってよ〜

サワガニ見つけたよ!

カンナを教えてもらい上手に角を削ってくれました。長〜く削れたね。

お楽しみはもちろん、お昼のお弁当!
里山の中で食べるお弁当はサイコーだよね。

床板を外すと骨組みはかなりグサグサに腐っていました。
こりゃ放っておいたら危なくって使えないよね。

大人のマネをしてみたけど、全く前が見えませ〜ん

みんなで頑張ったので、お昼すぎにはこのとおりデッキが全て解体できました。

ここに新しいデッキを作ります。楽しみです。

次回の作業は10月17日(土曜日)10時〜 なつかしの杜(野瀬町野間)で、ホゾ穴を開けたりします。
みんな、また一緒に集まろうね。

北摂里山の日

【予告】11月1日にオンラインイベント「北摂里山の日」を開催します

川西・黒川で2006年から続けられてきた「黒川里山まつり」、2019年からは「北摂里山まつり」にリニューアルして開催しましたが、今年はコロナウイルス感染防止の観点から多くの人たちに集まっていただくスタイルは控えることとしました。

北摂里山まつり2019の様子

それでも、北摂の里山の魅力を多くの人たちに感じて欲しいので、今年はオンラインで楽しめるイベント「北摂里山の日」を開催することとしました。

どのような内容にするかはただいま検討中です。決まり次第、保存会のWebサイトでお知らせしますのでどうぞご期待ください。

北摂里山文化講演会

【緊急/重要】2/23講演会は中止します

2月23日(日)に開催する予定の「第2回北摂里山文化講演会」(@猪名川町中央公民館)は、新型コロナウイルス感染症の影響が見通せない中、ご来場いただく皆様の安全面を第一に考えた結果、開催を中止させていただくことになりました。
講演を楽しみにしていた方々には誠に申し訳ありませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

その他

生物多様性ふるさと川西戦略シンポジウムに出展します

川西市主催のシンポジウムに北摂里山文化保存会もポスターセッションで出展します。
当日のプログラムは、第1部がパネルディスカッション、第2部がポスターセッションです。
シンポジウムの冒頭には、兵庫県立大学名誉教授であり保存会のメンバーでもある服部保氏が、里山の魅力と価値をわかりやすく説明します。

生物多様性ふるさと川西戦略シンポジウム(川西市ウェブサイト)

PAGE TOP