台場クヌギの森

里山班は4月も雨にたたられて…

里山班は雨に祟られ続けています。3月の活動日は雨で順延→雨で中止。4月も雨で順延→今日も天気予報どおり朝からザーザー降りでした。一体誰が雨男?

でもお空に文句を言っても仕方がありません。山仕事の予定を変更して、黒川ベースでミーティングに切り替えました。

怪しい?おっさん3人組

まず、里山班のこれからの活動スケジュールを決めました。里山班は動き始めたばかりなので、これまではメンバーの都合に合わせて次の活動日を組んでいましたが、これからは毎月の活動日を固定してしっかりと活動していこうとなり、5月からは毎月第3日曜日の午前10時から午後3時を定例活動日とすることにしました。

次にどのような活動をしていくかを検討しました。土台は1月にワイワイとディスカッションして出し合った「整備プラン」です。

台場クヌギの森の「整備プラン」ですが、あくまで妄想てんこ盛りです。

「整備プラン」のどこから手をつけてやっていくか?…「まずはエドヒガンの周りをきれいにして、エドヒガンが大きく生育するようにしよう」ということで意見が一致しました。黒川は台場クヌギとエドヒガンが有名ですが、その両方が一緒に見られるというのが「台場クヌギの森」の特徴です。

台場クヌギとエドヒガンが並んで生育しています。これはなかなか他所ではありません。
エドヒガンが15本ほどありそうです。

信田隊長から「エドヒガンの種、つまりサクランボが5月の終わり頃に落ちる。それをジャムやお酒にできる」と教わりました。エドヒガンのジャムですかぁ、いいですねぇ。作っちゃいましょうか。チェリーパイもできるかな。妄想が広がります。

今日から保存会に新しいメンバーが参加してくれることになりました。中島さんです。これからもよろしくお願いします。

Follow me!

おすすめ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。