エドヒガン救出大作戦

すっかり春らしく暖かくなりました。
少し動けば汗もかきます。
今月の定例活動は3人の参加で、先週に調査した里山内のエドヒガン周りを綺麗にしました。

その前に、2月に植えたクヌギの苗木の様子をチェックすると、しっかりと新しい芽を出していました。

金網越しに撮ったもので、ピンボケですみません…
シカちゃんに食べられることなく、スクスクと大きく育ってほしいです

さて、斜面を登ってエドヒガンが集まっているところへ到着。
25本もあるエドヒガンの中には、フジの蔓が巻きついて金縛り状態になっているものがあったり、周りの雑木が大きくなってエドヒガンに日当たりを遮ったりしているものがあったりしています。

ぶっといフジの蔓に巻きつかれて痛々しいお姿です。
人間界でもよくこういうの、ありますよね。
蔓も雑木もバッサバッサと伐っていきます。
一汗かいた後の休憩はたまりませんなぁ〜。
それにしてもかなりスッキリしましたが、それでもまだまだ伐るのが残っているので、次回の活動に持ち越しです。
ちょうど1年前はこんな感じでした。
木々が鬱蒼としていました。
それがこうなりました。
撮ったスマホもiPhone5から13にグレードアップして、カメラ性能の向上がよく分かります。
(…というか、よくいままで5を使っていたなーということか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。