ピザを石窯で焼いて、ウッドデッキをメンテしよう

秋も深まった12月4日(土)、黒川公民館の裏山に作ったウッドデッキのメンテナンス作業を行いました。
完成してほぼ1年、これからも長持ちさせるためにウッドデッキに防腐用のニスを塗ります。

集まったのは私たち保存会と箕面こどもの森学園の、こどもも大人も合わせて30人以上。
楽しいことが大好きなので、作業よりも先にピザを手作りして石窯で焼きます。

お腹がいっぱいになったら、いよいよメンテナンスの作業を始めます。
ローラーやハケを手にして、デッキの床や手すりにニスを塗っていきます。

ニスは16L缶を丸々使い切りました。
みんなが頑張ったので、デッキだけでなく基礎部分も塗れて、坂井先生も大満足です。

すっかり綺麗になったウッドデッキ。
これからもみんなで里山を楽しめる場所となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。