里山は自然の宝庫だ

7月の定例整備活動は4名の参加でした。

夏になれば田んぼも畑も山も草がボーボーと生い茂ります。
台場クヌギの森も、5月にキレイに刈ったところにクマザサやダンドボロギクなどが生えまくっていたので、刈り払い機で刈りまくりました。

さて、里山にはたくさんの生き物が集まっています。
今日見かけた「仲間」たちを紹介します。

台場クヌギの樹液を吸いにミヤマ?クワガタが来ていました
池の周りの木の枝にモリアオガエルが卵を産み付けているのが分かるでしょうか
この画像だけでも10個ほど写っています

袋の中で卵が孵ってオタマジャクシになっています。
もうすぐしたら袋ごと池に落ちて、オタマジャクシがカエルに成長します

この豊かな自然環境をいつまでも守り続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。