2019年3月、私たちは川西市黒川字大谷の里山約1.7ヘクタール(公簿)を取得しました。この里山には「台場クヌギ」と呼ばれる大変貴重なクヌギが群生しています。

「台場クヌギ」の独特な形状は、炭焼きの材料とするためにおよそ10年ごとに、地上より1〜2メートルのところで伸びた枝(萌芽枝)を伐採することを繰り返してきた結果、萌芽枝の土台となった主幹がずんぐりと太くなったものです。

つまり「台場クヌギ」はおよそ10年ごとの伐採を続けていないと残らないもので、黒川地区では今でも炭焼きが続けられていることから、台場クヌギが今も群生しているのです。

ちなみに、黒川地区で作られている炭は、切り口が菊の花に似て大変美しいことから「菊炭」と呼ばれ、火持ちがよくいこらないことから、お茶席では最高級の炭として珍重されています。

台場クヌギの伐採は「今年はこの山」「来年はあの山」…とほぼ10年周期でローテーションされるため、伐採直後から伐採直前まで林齢の異なる10林が地区内に点在し、それぞれが異なる色彩を示すパッチワーク状の景観を形成しています。

News & Topics

  • 里山は自然の宝庫だ
    7月の定例整備活動は4名の参加でした。 夏になれば田んぼも畑も山も草がボーボーと生い茂ります。台場クヌギの森も、5月にキレイに刈ったところにクマザサやダンドボロギクなどが生えまくっていたので、刈り払い機で刈りまくりました […]
  • 本物の里山には炭焼き窯がある
    6月の定例整備活動は寂しいですが2名の参加です。本日のテーマは、前から気になっていた炭焼き窯跡をなんとかしよう!です。 台場クヌギの森には小さな炭焼き窯の跡があります。昔々は、里山のクヌギを伐って、その場で炭に焼いていま […]
  • 黒川の炭焼きが新聞で紹介されました
    5月14日付の神戸新聞で、川西・黒川の炭焼きが大きく取り上げられました。右下の台場クヌギの写真は、わたしたちが保全する「台場クヌギの森」で撮られたものです。
  • 下草はあっという間に伸びるものだね
    5月の定例活動日です。 現地に着くと、春までに刈ったはずの下草がいつの間にかグングン伸びていました。自然の力はえらいもんですねぇ。 感心している場合じゃありません。台場クヌギの生育に支障が出ないよう、きちんと刈ってしまい […]
  • 「台場クヌギの森」案内看板を設置
    台場クヌギと菊炭のことをもっとたくさんの人たちに知ってもらおうと、「台場クヌギの森」の入り口に看板を設置しました。 看板の作成にあたっては、兵庫県立大学の服部保・名誉教授と、コープこうべ環境基金のご協力をいただきました。 […]
  • エドヒガン救出大作戦
    すっかり春らしく暖かくなりました。少し動けば汗もかきます。今月の定例活動は3人の参加で、先週に調査した里山内のエドヒガン周りを綺麗にしました。 その前に、2月に植えたクヌギの苗木の様子をチェックすると、しっかりと新しい芽 […]

オリジナルビデオ「川西・黒川の里山クネクネ」

「日本一の里山」と称される川西市黒川の里山をわかりやすく紹介するビデオを作成しました。

台場クヌギの森は見学できますか?

見学していただけます。
ただし、通常は柵(鹿除け)で閉めていますので、見学を希望される場合は私たちにご相談ください。
日程を調整の上でご案内いたします。
(下のリンクからお問合せフォームに移動します)
なお、都合で全てのご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。